茨城県水戸市・ひたちなか市・日立市で社労士。建設業、社会保険未加入、採用、顧問、就業規則、雇用契約書のことなら

中小企業が 勝ち残るための

労務の解決策

松本みつはる社会保険労務士事務所 公式サイト

PDF ニュースレター 過去バックナンバー

わかりやすいと好評!

経営をよくするヒントがひとつふたつ、必ず得られるでしょう。
楽しいんでお読みください。

動画『会社が損をしない知恵』5シリーズ

完全無料 どれでも自由 登録なし

以下のバナーをクリックして過去の記事コンテンツ一覧からテーマを選んでご視聴できます。

▼バックナンバー動画▼

ホリエモンが、社労士の仕事「就業規則」に物申した!

ホリエモンが、社労士の仕事をぶった切りました!

こんなことをブログで言っています。
「就業規則の作成なんて、コピペでいいんじゃないの?」

確かに、この指摘は社労士にとっては不都合です。
就業規則を仕事にしている社労士はごまんといますので。

ただ、私は間違っていないと感じました・・・

”ブラックバイト”という言葉も登場? 働い方改革とは?

ブラック企業と呼ばれたら、損をします。

国は今、真剣に「働き方改革」に乗り出しました。

アルバイトについても、規制を強化!
ブラックバイトという言葉まで登場しました。

「えっ!そこまでやるの?」
無視できない労働条件をご紹介します。

就業規則にもとずいて、どこまで業務命令できますか?

業務命令といっても、どこまで社員に強く言っていいのか?
あんまり強く言い過ぎても、パワハラなんて言われたら困ります。

法律的にどこまで経営者に権限があるのか?
就業規則をうまく使うことで、社長の業務命令権限をより強力なものにできます。具体的には・・・

業務命令に従わない社員に対して、どこまで強制できますか?

業務命令に従わない”嫌な社員”・・・いますよね。
どこまでやらせていいものか?

法律的には2つパターンがあります。
ここを理解すれば、これからは強気に業務命令ができるようになります。
すぐに確認して、社員に言うべきことを言える社長になってください!

マイナンバー制度が、始まる原因(経緯)は、何なんですか?

唐突にスタートした感のあるマイナンバー制度。
だけど実は、今になって出てきた話ではないんです。
国民総背番号制という言葉を聞いたことありますか?
そして、「消えた年金問題」という大問題で、
第一次安倍内閣が倒れることに・・・そこに○○○